電気かんり東京

公益社団法人東京電気管理技術者協会

文字サイズ

お問合わせ

電気安全に関するQ&A

スマート家電という言葉をよく聞くようになりましたが、どんなもので、何ができるのでしょうか?

家電製品とスマートフォンをつないで、ON/OFFや設定など、さまざまなことができる、かしこい(スマートな)家電です。

今から15年くらい前、「ネット家電」が話題になったことがありましたが、いつの間にか姿を消してしまいました。この ネット家電と「スマート家電」は何が違うのでしょうか。今では、インターネット回線が家庭にいきわたり、当時では考えられないブロードバンドでの常時接続や無線LANで複数の機器をインターネットにつなぐことが可能になり、スマートフォンも登場しました。スマートフォンと家電を連動してさまざまなことができる、かしこい家電が最先端のスマート家電です。

■スマート家電の仕組み

現在、スマート家電のラインナップを揃えているのはパナソニック。エアコン、スチームオーブンレンジ、洗濯乾燥機、炊飯器、冷蔵庫といった白物家電のほか、体組成計、活動量計、血圧計といったヘルスケア機器、テレビやブルーレイ・DVDレコーダ、デジタルカメラなどのAV機器が販売されています。

パナソニックのスマート家電は、家電が直接ネットワークにつながるのではなく、「おサイフケータイ」と同じNFCという通信機能を使っています。最初に専用のアプリをダウンロードすれば、スマートフォンを家電にタッチすることで、さまざまなデータのやり取りができるようになります。

■スマート家電でできること

これらの機能はまだほんの一部。これからさらに機能も充実し、使いやすいものになっていくでしょう。スマートフォンで家電を全部遠隔操作、なんて時代も夢ではないようです。

  • ◆エアコンでは、スマートフォンをリモコン代わりに運転状況 の確認ができ、遠隔操作で電源をOFFにできるので、消し 忘れなどを防げます。
  • ◆炊飯器やオーブンレンジでは、レシピ検索機能でレシピを 選び、機器にタッチすればレシピに合わせて調理時間と  温度を設定できます。
  • ◆冷蔵庫では、中にある食材を指定してレシピを検索したり、 お買い物メモを作ってメール送信することも可能。
  • ◆洗濯機では、音を抑える、皮脂汚れの分解、黒ずみを抑え るなど目的からコースが選べ、スマートフォンをタッチする だけで設定できます。

また、これらの機器にスマートフォンをタッチすれば、使い方に無駄がないかなどのエコ情報を取得することもできます。血圧計などのヘルスケア機器では、計測結果をスマートフォンに保存でき、データ化してくれたり、アドバイス機能もあったりと、健康管理にも役立ちそうです。

電気安全に関するQ&Aに戻る

事故やトラブルなど緊急の場合保安センター
0120-074-307 24時間保安センターへ繋がります
入会や電気に関するお問合わせ等電気かんり東京
03-3263-7261 平日 9:00~17:00

所内情報システム

本部
・申請の手引き 掲載
・平成28年度安全キャンペーンテキスト 掲載
共済会
・物品販売各種注文書 掲載
・ほけんのしおり 掲載
ページの先頭へ戻る